トンネル工事用 ホイールローダーサイドダンプ

日本キャタピラー合同会社様(旧キャタピラーイーストジャパン合同会社様)よりご依頼をいただき、ホイールローダー用アタッチメントのサイドダンプバケットを作製いたしました。

このサイドダンプバケットは、主にトンネル工事で使用されております。

御存じのとおり、トンネルの内部は狭く限られた大きさしかないため、掘削によって出た土を運搬用トラックに積み込むホイールローダーも自由が利かない状態で作業をしなくてはなりません。そのためサイドダンプバケットは、バケット自体を傾斜させて運搬用トラックの脇から積み込みを行うようにするためのバケットです。

 

 ↑鉄板を曲げて、基本になる部分を作ります。

↑基本の部分にR曲げ材や、サイド部分を仮付けしていきます。

 

↑裏返して補強部分も仮付けしていきます。

 

↑各部の本溶接をして、ホイールローダー本体と接続するボス部の取付ます。

 

↑細部を仕上げて完成です。

↑現場ではこの様な態勢で、トラックに土砂を積み込んでいきます。 

(ホイールローダー本体の画像は「日本キャタピラー合同会社」様のホームページより

引用させていただいております。)

重機事業部では

重機の他にも、いろいろな製缶品、溶接修理品を手掛けております。
どんなことでもお気軽にご相談ください。