アーティキュレートダンプ フェンダーカバー製作

アーティキュレートダンプ  のフェンダーカバーを製作しております。

アーティキュレートダンプとは操縦席とベッセル(土等をのせる部分)が分かれており、

主に悪路の現場やトンネル工事の現場に使用されるダンプです。

今回の製作は、破損部が大きかったのと古い車両だった為、アッセンブリで製作交換することになりました。

図面が無い為、古い現品から図面をおこして製作し、お客様へ納品いたしました。

↑各部が破損・欠落している現品から寸法を測定して図面をおこします。

↑製作状況:製作になれたバケットとは違い、立体的な部分が難しいですが、やりがいのある物件です。

 

↑製缶完了状況:この後、塗装をして納品です。

 

 

重機事業部では

重機の他にも、いろいろな製缶品、溶接修理品を手掛けております。
どんなことでもお気軽にご相談ください。