ブルドーザーのブレード修理

ブルドーザーのブレード下部が著しく摩耗している状態でした。

RIMG0380


ツースエッジを取り付けるベース部まで摩耗してしまっていたため、
使用可能なところまで切断し、ベース部をつぎたしました。
(プッシュアームも同時に摩耗部の修理をおこなっています。)

RIMG0411


新品のエッジを取付、塗装をして完成です。

RIMG0480

RIMG4455

重機事業部では

重機の他にも、いろいろな製缶品、溶接修理品を手掛けております。
どんなことでもお気軽にご相談ください。