鋼製ローラーゲート 扉体 製作工程

今回は鋼製ローラーゲート扉体の製作工程をご紹介いたします。

このローラーゲートは、弊社で製作するゲートでは大きいサイズの部類に入ります。

↑中間に入る桁を製作します。水圧を支える骨になる部分です。

 

↑主桁、端縦桁を配置して仮組立をしていきます。

 

 ↑主桁等、内側の骨組みが組みあがった後に、スキンプレート(水をせき止める部分)を仮付けしていきます。

 

 

↑溶接作業がしやすい様に、製作品を立て、スキンプレートと桁類を溶接していきます。

この後、この扉体を縦にしたりひっくり返したりして、内側をすべて溶接します。

なぜ回転させて溶接していくかと言うと、溶接を下向きで行うようにするためです。

下向き溶接をすることによって安定したきれいなビード(溶接線)ができます。

↑溶接をおこなうと、どうしても歪(ひずみ)がでてしまいます。

水を止めるためには、ミリ単位での寸法が要求されるため、必ず歪取りをおこないます。

弊社でおこなっている歪取りは2つの方法があります。

1つはガスバーナーで炙り、すぐに水で急冷して逆方向に歪をだして元に戻す方法。

もう一つは上記写真のプレス機によって押す方法。

場合によって方法を選んでいます。

 

↑歪取り後、寸法検査を行い製缶完了になります。

今回は、扉のサイドに付くローラーや、全体の塗装はお客様にて施工していただきました。

水門事業部では

水門の他にも、いろいろな製缶品、溶接修理品を手掛けております。
どんなことでもお気軽にご相談ください。